WWDC 2018 発表内容まとめ

スポンサーリンク

WWDC 2018の発表内容のまとめです。

iOS 12

パフォーマンスの向上

  • カメラの起動が70%向上
  • キーボードの表示が50%向上
  • アプリの起動速度が2倍に

AR

  • USDZファイルをサポート
  • ARKit 2によって、複数のデバイスで1つのAR環境にアクセスすることなどが可能に

写真

  • 検索機能が追加されFor Youタブが追加

Siri

  • コマンドを追加できるショートカット機能を追加

Newsアプリ

  • ブラウザタブが追加

株価アプリ

  • デザインを一新
  • ニュースが見れるように
  • iPadに対応

ボイスメモアプリ

  • iPadに対応
  • iCloudに対応

iBooks

  • デザインを一新
  • Apple Booksに名前を変更
  • ブックストアを追加

CarPlay

  • サードパーティのアプリが使えるように

おやすみモード

  • オンにしておく期限を位置情報やカレンダーに基づいて設定可能に

通知

  • ロック画面から通知の設定が可能に
  • 通知のグループ化が可能に

Screen Time機能

  • デバイスのアプリなどの使用状況を詳細に確認できるように
  • アプリ制限が可能に(制限時間の通知など)
  • 子どものデバイスを親のデバイスから制御可能に

アニ文字

  • 新たにコアラ、トラ、おばけ、ティラノサウルスのアニ文字が追加

ミー文字

  • 自分でカスタマイズできるアニ文字

カメラフィルタ

  • メッセージやFaceTimeでアニ文字やミー文字、その他のエフェクトが使用可能に

グループFaceTime

  • 最大32人とFaceTimeが可能に
  • 発言者のタイルが自動的に拡大

iOS 12 Preview

watchOS 5

コンペティション機能

  • 友だちとアクティビティを共有し、競争できる
  • ジムの機器と同期可能に
  • 開始通知や終了通知も可能に

リアルタイムボイス機能

  • トランシーバーのように話せる新機能

Siri Watch Face

  • Siriのショートカット機能
  • 手首を上にあげるとSiriが起動

その他

  • Webコンテンツの閲覧が可能に
  • ポッドキャストに対応
  • 学生証機能が追加

Siri Watch Face用のバンドを発売

watchOS 5 Preview

tvOS 12

  • ドルビーアトモスに対応(iTunesコンテンツは無料でアップグレード)
  • 100以上のチャンネルを追加
  • ゼロサインオン機能
  • Apple TVのリモコンがiOSデバイスのコントロールセンターに追加
  • サードパーティ製のリモコンをサポート
  • 国際宇宙ステーションの映像を4Kで閲覧

macOS Mojave

ダークモード

  • メニューバーやすべてのウインドウを黒基調に
  • 朝、昼、夜でデスクトップが変化

スタック機能

  • デスクトップを種類ごとにグループ化して見やすく配置

Finder

  • Finder上でメタデータを見たり、画像の回転などのクイックアクションを行えるギャラリービューを追加
  • クイックルックでマークアップが可能に

スクリーンショット

  • iOSのように撮影後にすぐに編集できるように
  • 画面収録にも対応

Continuity

  • Mac上で写真を使用する場合にiPhoneで撮影して瞬時に転送することが可能に

新しいアプリ

  • News、株価、ボイスメモ、ホームが追加

セキュリティ、プライバシー

  • 新たにカメラやマイクなどにアクセスする際に許可が必要に

Safari

  • ソーシャルボタンなどのトラッキングをブロック
  • ユーザーを特定するようなトラッキングをブロック

MacAppStore

  • デザインを一新
  • Office 365やAdobe CCなどを配信

その他

  • MetalがMacでも使用可能に
  • Creat MLが追加
  • グループFaceTimeが追加
  • iOSのUIKitの一部をmacOSでも利用可能に(2019年)

macOS – Mojave Preview

各OSのベータ版は今日から配信されるようです。