Appleイベントまとめ!Apple Watch Series 6 / SEやiPad 8、iPad Airなど

Apple

遅くなりましたが、2020年9月16日に行われたAppleイベントのまとめです。

スポンサーリンク

Apple Watch Series 6

  • ブルーアルミニウム、ゴールドステンレススチール、グレイブラックのステンレススチールに加え、PRODUCT(RED)が登場。
  • 新しいセンサーにより血中酸素ウェルネスを測定可能に。
    バックグラウンドによる測定も可能。
  • AppleシリコンであるS6チップを搭載。
  • A13 BionicをベースにApple Watchに最適化。
    前世代と比較して最大20%高速化。
  • 常時ディスプレイが改善され、手首を下げた状態でも以前の2.5倍の明るさに。
  • 常時計測の高度計が搭載。
  • 新しい文字盤が追加。
    • 複数の時間帯を同時に確認可能なGMT文字盤。
    • スタート時からの経過時間を表示するカウントアップ文字盤。
    • クラシックなレースウォッチ風のクロノグラフプロ文字盤。
    • 3種類のカスタムタイプスタイルと4種類の字体から選べるタイポグラフィ文字盤。
    • ジェフマクフェトリッジと協同したアーティスト文字盤。
    • 好きなミー文字を表示できるミー文字の文字盤。
    • 自分のプライドや応援チームのカラーに合わせた表示ができるストライプ文字盤。
  • 新しいバンドが登場。
    • ひとつながりになっているソロループバンド。
    • シリコーン糸を編み込んだブレイデッドソロループバンド。
    • ループバックや金具を省いたレザーリンクバンド。
    • 新しい色のスポーツバンドとスポーツループのApple Watch NIKE。
    • Apple Watch Hermèsには新たにアトラージュストラップのシンプルトゥールとドゥブルトゥールを追加。
  • iPhoneを持っていない家族向けにファミリー共有設定が追加。
    1台のiPhoneにペアリングして個別の電話番号とアカウントで使用可能。

価格は42,800円(税別)から〜
9月16日から予約開始。
9月18日から発売開始。
Apple Watch Series 6 – Apple(日本)

Apple Watch SE

  • Apple Watch Series 6と同じディスプレイを搭載。
  • Series 3よりも2倍の速さであるS5チップを搭載。
  • 加速度センサーやジャイロスコープ、コンパスや高度計はSeries 6をと同じものを搭載。

価格は279ドル〜
9月16日から予約開始。
9月18日から発売開始。
Apple Watch SE – Apple(日本)

Apple WatchのUSBアダプタの同梱が廃止。

Apple Fitness+

Apple Watchを使用したフィットネスサービス、Apple Fitness+を発表。
月額9.99ドル。年額79.99ドル。
年内にサービス開始予定。
Apple Watchに新たにApple Fitness+が登場 – Apple (日本)

Apple One

iCloudストレージ、Apple Music、Apple TV+、Apple Arcade、Apple News+、Apple Fitness+などが1つにまとまったサブスクリプションを発表。

個人向け

Apple Music、Apple TV+、Apple Arcade、iCloudストレージ50GBが含まれ、月額14.95ドル。

ファミリー向け

Apple Music、Apple TV+、Apple Arcade、iCloudストレージ200GBが含まれ、家族5人と共有可能。月額19.95ドル。

プレミアプラン

Apple Music、Apple TV+、Apple Arcade、iCloudストレージ2TBに加えApple News+とApple Fitnessが追加され、月額29.95ドル。
※一部の国のみ。

Apple Oneはこの秋に提供開始。
30日間は無料。

Apple One – Apple(日本)

iPad (第8世代)

  • 10.2インチRetinaディスプレイを搭載。
  • A12 Bionicチップが搭載。
  • CPUが40%高速化。
  • グラフィックは2倍高速化。
  • 毎秒最大5兆の演算処理が可能なニューラルエンジンを搭載。
  • フルサイズのSmart Keyboardに対応。
  • トラックパッドを搭載したCombo Touchに対応。
  • Rugged ComboなどのLogitechのキーボードにも対応。
  • Apple Pencilに対応。

価格は329ドル〜
学生、教職向けには299ドル〜
9月16日から予約開始。
9月18日から発売開始。
10.2インチiPad – Apple(日本)

iPad Air (第4世代)

  • 新しい薄くて軽い筐体と狭い縁のデザイン。
  • オールスクリーンディスプレイを搭載。
  • シルバー、スペースグレイの他に新しくローズゴールド、グリーン、スカイが追加。
  • 10.9インチのLiquid Retinaディスプレイを搭載。
  • 解像度は2360 x 1640の3.8Mピクセル。
  • フルラミネーションや広色域、TrueToneや反射防止コーティングなどを搭載。
  • トップボタン(スリープボタン)にTouch IDを搭載。
  • A14 Bionicチップを搭載。
  • 5ナノメートルのサイズで118個のトランジスタを搭載。
  • 前世代のiPad Airより40%のCPUパフォーマンスが向上。
  • グラフィックパフォーマンスは30%向上。
  • ニューラルエンジンはコア数を倍にして16コアのアーキテクチャになり毎秒最大11兆の演算処理が可能に。
  • 機械学習のパフォーマンスが最大2倍に。
  • CPUは第2世代の機械学習アクセラレータに最適化され、最大10倍高速化。
  • コネクタがUSB-Cに変更。
  • データ転送速度が最大5Gbpsになり前世代のiPad Airより10倍高速化。
  • カメラやドライブ、最大4Kの外部ディスプレイを接続可能に。
  • フロントカメラに7MP FaceTime HDカメラを搭載。
  • スマートHDRや1080pのビデオキャプチャに対応。
  • バックカメラはiPad Proと同じ12MPのカメラが搭載。
  • 手ぶれ補正が追加され4Kビデオの撮影が可能に。
  • 横向きでのステレオスピーカーに対応。
  • 側面にマグネットが搭載され、Apple Pencilの充電や収納が可能に。
  • トラックパッドが内蔵したMagic Keyboardにも対応。
  • Wi-Fi 6に対応し、LTEも60%高速化。

価格は599ドル〜
10月に発売予定。
iPad Air – Apple(日本)

iOS 14、 iPadOS 14、watchOS 7、tvOS 14は9月17日に正式リリース。
iOS 14 – Apple(日本)
iPadOS 14 – Apple(日本)
watchOS 7 – Apple(日本)
Apple TV 4K や Apple TV HD のソフトウェア・アップデートについて – Apple サポート

コメント

タイトルとURLをコピーしました