WWDC 2020 発表内容まとめ

Apple

先日6月23日に行われたWWDC 2020の発表内容まとめ。

スポンサーリンク

iOS 14

  • ホーム画面の最後に追加されるスペースで自動的にアプリを自動的に整理するAppライブラリが追加。
  • ウィジェットを様々なサイズでホーム画面に追加可能に。
  • 必要なウィジェットを自動的に表示してくれるスマートスタックウィジェットが追加。
  • ピクチャインピクチャがiPhoneでも利用可能に。
  • Siriがコンパクトなサイズに。
  • Siriで音声メッセージに録音と送信が可能に。
  • Siriでテキストと音声による翻訳が可能に。
  • メッセージでピン留めが可能に
  • ミー文字に20種類以上の髪型や被り物が追加
  • ミー文字にハグ、グータッチ、照れのステッカーが追加
  • グループメッセージで特定のメッセージにインラインで返信可能に。
  • グループメッセージでスレッド表示やメンションが使用可能に。
    自分のメンションのみ通知させることも可能に。
  • グループメッセージに対して絵文字や画像の設定が可能に。
  • 米国のマップのロールアウトが完了。
  • レストランやお店、名所などを紹介してくれるガイド機能が追加。
  • 自転車のルート検索に対応。標高も計算
  • 電気自動車の充電状況によってルートに充電スポットを追加してくれるEV用経路機能。
  • CarPlayで壁紙の設定が可能に。
  • CarPlayで駐車場、充電スタンド、食事の注文などの新しいカテゴリーのアプリに対応。
  • NFCを理用してiPhoneで車の開錠やエンジン始動が可能になるCar Key機能が追加。
    鍵の共有も可能。
  • AppStoreにNFCタグにタッチまたはコードをスキャンするだけで必要なアプリを簡易インストールできるAppClip機能を追加。
    iOS 14 Preview – Apple

iPadOS 14

  • iOS 14同様の新しいウィジェット
  • 写真やメモ、ファイルなどのアプリに主要機能にアクセスできるサイドバーやツールバーを追加。
  • 写真ではサイドバーのアルバムにドラッグ&ドロップで写真を追加可能。
  • ミュージックではアートワークと音楽コントロール、歌詞を同時に表示可能。
  • iOS 14同様にSiriもコンパクトサイズに。
  • 着信画面がコンパクトな通知で表示されるように。
    iOS 14でも利用可能。
  • 検索がコンパクトな表示になりアプリ上でも使用可能に。
  • すべてを一括検索可能に。
    iPadOS Preview – Apple

Apple Pencil

  • テキストフィールドに手書きで入力できるスクリブル機能を追加。
  • 図形の最後に少し止めておくと理想の形に自動で変換。
  • 手書きの文字にもテキスト編集と同じジェスチャーが使用可能に。
  • 手書き文字をコピーしてテキストとしてペーストすることも可能。

AirPods

  • 自動的にペアリングを切り替える機能が追加。
  • AirPods Proで空間オーディオに対応。

watchOS 7

  • 文字盤に複数の情報が表示できるように。
  • AppStoreやWebや友人から文字盤の共有が可能に。
  • iOS 14のマップと同様に自転車でのルート検索が可能に。
  • ワークアウトにダンスを追加。
  • アクティビティがフィットネスにアプリ名を変更し、デザインを変更。
  • 睡眠のトラッキング機能が追加。
  • 寝る前のルーティーンを行うための就寝準備機能が追加。
  • iPhoneが就寝準備のための画面に変化。
  • 就寝前のルーティーン用のショートカットも作成可能。
  • 就寝時間になるとApple Watchは睡眠モードに。
    画面がオフとなりタップするとシンプルな文字盤が表示。
  • アラームは静かな触覚アラームが使用可能。
  • 睡眠スケジュール、就寝準備、睡眠モードはiOS 14が搭載されたiPhoneのみでも利用可能。
  • 手洗い時間の計測が可能に。
    watchOS 7 Preview – Apple

プライバシー

  • Appleでサインインが既存アカウントとの統合が可能に。
  • 位置情報サービスで正確な位置を共有するか大体に場所のみにするか選択可能に。
  • マイクとカメラのアクセス制御と最近の使用状況の確認が可能に。
  • マイクとカメラを使用中かどうかステータスバーに表示されるように。
  • Safariのトラッキング防止機能がアプリでも使用可能に。
    トラッキング前に許可するかどうかのダイアログが表示。
  • 全AppStoreでアプリのダウンロード前にどの情報を使用するかなどのポリシーが確認可能に。

ホーム

  • AmazonやGoogleなどとスマートホーム分野において連携。
  • HomeKitをオープンソース化。
  • iOS 14でホームアプリがオートメーションを提案。
  • ホームアプリの上部に優先度の高いアクセサリを表示して状態を一目で確認可能に。
  • 自動で色温度を調節してくれるアダプティブライティング機能を追加。
  • セキュアビデオに重要なエリアを活動ゾーンにする機能が追加。
  • セキュアビデオに顔認識機能を追加。
    写真アプリに紐づいた情報で人物の特定し、HomePodで結果をお知らせ。
    Apple TVでライブ映像も確認可能。

tvOS 14

  • ピクチャインピクチャ機能が追加。
  • iPhoneで撮影した4K映像を出力可能に。
  • Apple TV+に新作が追加。

macOS Big Sur

  • アイコン、ボタンやスイッチ、通知やウィジェットなど大幅にデザインを変更。
    iPadOSのようなデザインに。
  • サウンドも再マスタリング。
  • ツールバーがコンパクトに。
  • アニメーションにMetalを使用し滑らかな動作に。
  • コントロールセンターを追加。
  • 通知センターはグループ化が可能に。
  • 様々なサイズにウィジェットを配置可能に。

メッセージ

  • 検索機能の強化。
  • 写真やビデオの送信が簡単に。
  • ミー文字がMac上で作成可能に。
  • メッセージエフェクトが使用可能に。
  • メッセージのピン留めも可能。
    他デバイスと同期可能。
  • グループ機能も強化。

マップ

  • 自宅や職場、お店などをお気に入りに登録して1クリックで呼び出せるように。
  • 道順のガイドを作成することが可能に。
  • 目的地に向かう友人の到着予定時間が分かる機能を追加。
  • iOS 14のマップの新機能をすべて追加。

Mac Catalyst

  • Macのネイティブの解像度をフルに活用できるようにアプリケーションを最適化可能に。
  • メニューやキーボードAPI、チェックボックス、デートピッカーなどを提供。
  • リサイズできるウインドウ、キーボードショートカットも使用可能。

Safari

  • JavaScriptのパフォーマンスが劇的に向上。
  • ページの表示速度も向上。
    Chromeよりも50%増しの表示速度。
  • プライベートブラウズやCookieブロッキング、トラッキング防止機能を追加。
  • WebExtensions APIの強化により他のブラウザ用の開発を容易に。
  • Mac App StoreにSafariの機能拡張のカテゴリーを追加。
  • 機能拡張を使用するサイトを限定できるように。
  • スタートページのカスタマイズ。
  • 新デザインのタブ。
  • Safari自体に翻訳機能の追加。
    macOS Big Sur Preview – Apple

Appleシリコン

  • MacにAppleシリコンを搭載。
  • 新しいXcodeに新しいチップに最適化するためのすべてが追加。
  • プロジェクトを開いて再コンパイルするだけでアプリケーションを最適化可能。
  • Universal 2を使用することでAppleシリコン搭載MacでもIntelベースのMacでもサポートが可能に。
  • MicrosoftやAdobeなど多くのアプリケーションがすでに稼働。
  • 既存のアプリケーションを自動的に新しいMacたちで動く形にするRosetta 2を搭載。
  • 新たな仮想化の技術であるVirtualizationによりLinuxやDockerなどのツールも動作可能に。
  • iPhoneやiPadのアプリも起動可能に。

リリース

各OSの開発者向けのベータ版を6月23日リリース。

パブリックベータ版は来月7月から。

一般リリースは今秋に提供。

Apple Events – WWDC20 – Apple

WWDC 2020 Special Event Keynote — Apple – YouTube

コメント

タイトルとURLをコピーしました