watchOS 8.1がリリース!Apple Watch Series 4以降でワークアウト中のみ転倒検出を有効にする機能を追加

watchOS

watchOS 8.1が正式にリリースされました。
ビルドナンバーは「19R570」となっています。

スポンサーリンク

watchOS 8.1 リリースノート

watchOS 8.1には、Apple Watch用の以下の改善とバグ修正が含まれます:

  • ワークアウト中の転倒を検出するアルゴリズムを強化し、ワークアウト中のみ転倒検出を有効にするオプションを追加(Apple Watch Series 4以降)
  • 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチン接種カードへの対応により、検証可能なワクチン接種情報をAppleウォレットから提示することが可能
  • 一部のユーザで手首を下ろしているときに、“常にオン”で時刻が正確に表示されない場合がある問題(Apple Watch Series 5以降)

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/kb/HT201222https://support.apple.com/kb/HT201222

コメント

タイトルとURLをコピーしました