NEC Aterm WG2600HPを購入したのでレビュー!リンク速度、同時通信が快適

スポンサーリンク
adsbygoogle (728 x 90)

ぷらら光を契約したのでNEC製の無線LANルーター「Aterm WG2600HP」を購入してみました。

 

商品紹介

 

特徴

  • 802.11ac/n/a (5GHz帯)
  • 802.11n/g/b (2.4GHz帯)
  • ストリーム数:4ストリーム
  • アンテナ数 :4×4 (5GHz帯 & 2.4GHz帯)
  • 無線LAN規格値:1733Mbps(11ac/5GHz帯)+800Mbps(11n/2.4GHz帯)
  • 有線LAN規格値:1000BASE-T
  • 無線LAN実効スループット :約1276Mbps(UDP)、約1095Mbps(TCP)
  • 有線LAN実効スループット:ローカルルータ 約940Mbps、PPPoE 約932Mbps

 

実効スループットが有線よりも速くなっています。

いやぁ、最近の無線LANルーターはスゴい!! 

 

気になった機能

MUーMIMO&ビームフォーミング搭載

この機種にはビームフォーミングという従来の全方位への電波送出ではなく、対応している端末のみになりますが、接続端末に集中的に電波を送信する機能がついています。

また、上記のビームフォーミングを利用してMU-MIMOという空間多重によって複数の端末に同時に接続する機能がついています。

この機能により複数端末での同時通信が快適になりました。

 

デュアルコアCPUにより処理を高速化

今までのルーターは、5GHzと2.4GHzを1つのCPUコアで処理していたため速度が低下していましたが、WG2600HPではデュアルコアCPUにより、5GHz、2.4GHzにそれぞれに1つずつCPUコアが使われるので、通信処理が高速になっています。

 

USB 3.0で簡易NASが使用可能

USB 3.0ポートが搭載されているので今までより高速に簡易NASやメディアサーバーとして使用できます。

 

私が気になった機能はこのくらいです。

 

詳しい仕様や機能は公式サイトをご覧ください。

Aterm WG2600HP | 製品一覧 | AtermStation

 

また、ルーターを新しくするなら下記のカテゴリ7のLANケーブルもオススメです。

 

LANケーブル カテゴリ別の速度表

  CAT 5 CAT 5e CAT 6 CAT 7
通信速度 100 Mbps 1 Gbps 1 Gbps 10 Gbps
伝送帯域 100 MHz 100 MHz 250 MHz 600 MHz

  

スポンサーリンク
adsbygoogle (336 x 280)
adsbygoogle (336 x 280)

シェア

フォロー

関連コンテンツユニット