Mac用エディターのCotEditorがv2.0にアップデート

スポンサーリンク
adsbygoogle (728 x 90)

Windowsでは秀丸エディタを使ってましたが、
Macでは似た感じのCotEditorを使い始めました。

そのCotEditorがYosemiteに対応してアップデートされました。

他にも100項目以上の新機能・バグ修正が含まれています。

 

主なアップデート内容

  • カラーリングテーマ機能

エディタの配色をテーマに保存し、それらを簡単に切り替えられるようになりました。自分のテーマをファイルとして書き出して独自に配付することも可能です。

 

  • 大幅なパフォーマンスの向上

ファイルオープンやテキスト描画などでのボトルネックの洗い出しを徹底的に行ない、CotEditor のもたつきを大幅に解消しました。とくに巨大なファイルの扱いを改善し、いままで度々報告されていた巨大なファイルを開いたときのハング状態を防ぎます。

 

  • コメントアウト/コメント解除の切り替え

選択範囲のテキストをショートカットキー (⌘/) やツールバーから簡単にコメントアウト/コメント解除します。
コメントアウトに使う文字列はそれぞれのシンタックススタイルで設定できます。

 

  • シンタックスカラーリングの追加

新たに “タイプ”, “属性”, “変数” がシンタックスカラーリングの配色として追加されました。

 

  • YAMLフォーマットによる新しいシンタックス定義フォーマット

シンタックス定義のファイル形式が従来の plist から YAML 形式に変更されました。
これにより定義ファイルのファイルサイズが従来の半分以下になり、
またスクリプトなどによる自作の定義ファイルの作成が容易になります。

 

  • Yosemite 対応

CotEditor 2.0 は Yosemite 上でもしっかり動きます。
新しいアプリケーションアイコンも Yosemite スタイルです。

 

  • 100 項目を超える新機能と改良

魅力的な改良はまだまだあります。
すべての変更はこちらからリリースノートをご覧下さい。

 

ダウンロード 

ダウンロードは以下からどうぞ。

CotEditor -Text Editor for OS X

スポンサーリンク
adsbygoogle (336 x 280)
adsbygoogle (336 x 280)

シェア

フォロー

関連コンテンツユニット