Appleイベント「Hi, Speed.」まとめ!HomePod miniやiPhone 12シリーズなど

Apple
スポンサーリンク

HomePod mini

  • 継ぎ目のないメッシュ生地で囲まれたデザイン
  • 上部にバックライトのTouchサーフェス。音量の調整や再生、一時停止。Siriを呼び出すと光る。
  • ディストーションを抑えて高出力を実現するフルレンジダイナミックドライバーを搭載。
  • 素晴らしい低音域レスポンスを実現する高偏位のフォースキャンセリングパッシブラジエーターのペアを搭載。
  • 360度のサウンド体験のためにアコースティックウェーブガイドを搭載。
  • S5チップを搭載。
  • Apple Musicやpodcast、数ヵ月後にはPandoraやAmazonにも対応。
  • Siriを使ってiPhoneのアプリケーションにアクセスし、メッセージの送信や電話の発信、カレンダーの予定確認、iPhoneを探すも利用可能。
  • 家族それぞれの声を認識。
  • ホームアプリケーションと連携してHomeKitアクセサリが使用可能。
  • 複数の部屋にメッセージを送信できるインターコム機能。HomePodの他にiPhoneやiPad、Apple Watch‎、CarPlayなどにも対応。
  • カラーはホワイト、スペースグレイ。
  • 価格は10,800円。

11月6日に予約開始、11月16日に発売開始。
HomePod mini – Apple(日本)

iPhone

  • iPhoneが5Gに対応。

iPhone 12

  • エッジは滑らかでフラットに。
  • アルミニウムのフレーム。
  • アルミニウムフレームを囲むように新しいアンテナを配置。
  • ブラック、ホワイト、(PRODUCT)RED、グリーン、ブルーの5色展開。
  • 6.1インチディスプレイ。ベゼルが減ったことにより11よりも小型化。
  • iPhone 11と比べて11%薄く、15%体積が小さく、16%軽く。
  • Super Retina XDRディスプレイを搭載。
  • 新しいOLEDディスプレイはiPhone 11の2倍の460ppi。
  • HDRコンテンツのピーク輝度は約2倍の1200ニト。
  • Dolby Vision、HDR10、HLGなどのHDRビデオ形式に対応。
  • セラミックシールドにより、耐落下性能が4倍改善。
  • 5Gと4Gを自動的に切り替えてバッテリーを節約するスマートデータモードを追加。
  • 5Gの高い周波数帯のmmWaveに対応。
  • 5ナノメートルのA14 Bionicチップを搭載。
  • 118億個のトランジスタを内蔵。A13より40%増加。
  • 6コアのCPUを搭載。最大50%高速化。
  • 4コアGPUを搭載。最大50%高速化。
  • 16コアのNeural Engineを搭載。処理速度が80%向上。毎秒11兆回の演算が可能。
  • MLアクセラレータは70%向上。
  • 新しい広角カメラを搭載。f/1.6の絞り値。7枚構成のレンズ。明るさが足りない場面では27%性能が向上。
  • スマートHDR 3に対応。
  • 前面カメラを含む全てのカメラでナイトモードが利用可能に。
  • ナイトモードでタイムラプスが撮影可能に。
  • MagSafe for iPhoneが登場。ワイヤレス充電部分にマグネットを内蔵することにより充電効率を向上。充電以外にもアクセサリを装着可能。
  • iPhoneとApple Watch‎用のMagSafeデュアル充電パッドを開発。

電源アダプタ、ヘッドフォンの同梱を廃止。
USB-C Lightningケーブルが同梱。

iPhone 12 mini

  • 5.4インチディスプレイ。
  • Super Retina XDRディスプレイを搭載。
  • 2340×1080、476ppi。
  • HDR、Dolby Visionに対応。
  • iPhone 8などの4.7インチモデルよりも小さく、軽い。
  • iPhone 12と全く同じ機能を搭載。
  • iPhone 12 miniは74,800円から。
  • iPhone 12は85,800円から。
  • 容量は64GB、128GB、256GB。

iPhone 12とiPhone 12 mini – Apple(日本)

iPhone 12 Pro / Max

  • ステンレススチール・バンド。
  • シルバー、グラファイト、ゴールド、パシフィックブルーの4色展開。
  • PVD処理が施され、光沢のある仕上がりに。
  • ゴールドモデルには高密度マイクロ波コーティング仕上げ。
  • セラミックシールドも搭載。
  • IP68の防水防塵性能。
  • MagSafeも利用可能。
  • Super Retina XDRディスプレイを搭載。
  • 現在の5.8インチから6.1インチディスプレイに。
  • iPhone 12 Pro Maxは現在の6.5インチから6.7インチディスプレイに。
  • Deep Fusionの性能が向上。前面カメラを含む全てのカメラで利用可能。
  • iPhone 12 Proには120度の画角を持つ超広角カメラ、f/1.6の絞り値と7枚構成のレンズの広角カメラ。52mmの望遠カメラが搭載。4倍の光学ズームレンジ。
  • iPhone 12 Pro Maxには65mmの望遠カメラ、5倍の光学ズームレンジ。広角カメラにはf/1.6の絞り値と7枚構成のレンズ、新しいセンサーにより明るさが足りない場面で87%の改良。
  • Apple独自のセンサーシフト式の手ぶれ補正を採用。
  • RAWでの撮影におけるコントロールとコンピュテーショナルフォトグラフィを組み合わせるApple ProRAWが登場。年末までにカメラアプリで利用可能に。
  • HDRビデオ撮影が可能に。撮影中はHDRの映像をライブプレビュー可能。
  • Dolby Vision HDRにも対応。
  • LiDARスキャナの搭載により明るさの足りない場面での撮影でも6倍の速さでピントを合わせることが可能に。ポートレートをナイトモードで撮影することも可能に。
  • iPhone 12 Proは106,800円から
  • iPhone 12 Pro Maxは117,800円から
  • 128GB、256GB、512GB

iPhone 12とiPhone 12 Proは10月16日予約開始、10月23日に発売開始。
iPhone 12 Pro MaxとiPhone 12 miniは11月6日予約開始、11月13日発売開始。
iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Max – Apple(日本)

MagSafe – すべてのアクセサリ – Apple(日本)

イベントの動画は以下から閲覧可能です。
Appleのイベント – 2020年10月 – Apple(日本)

コメント

タイトルとURLをコピーしました