iOSデバイス単体でアプリのダウングレードができる「AppAdmin」

スポンサーリンク
adsbygoogle (728 x 90)

以前、iOSアプリの過去バージョンをダウンロードする方法を紹介しましたが、これをiOSデバイス単体で行うことができる脱獄アプリ「AppAdmin」を紹介します。

 

アプリ詳細

AppAdmin

価格無料
バージョン1.0r-32 (執筆時点)
作者UnlimApps Inc.
リポジトリhttp://beta.unlimapps.com/

 

インストール

Cydiaに下記リポジトリを追加して「AppAdmin」をインストールします。

http://beta.unlimapps.com/

 

使用方法

AppStoreを起動して、インストール済みアプリの「開く」をタップすると、選択肢が表示されます。

「Continue」を押すと、通常通りの操作、つまりアプリが開かれます。

「Downgrade」を押すと、バージョンを指定してダウングレードできます。

「Downgrade To Previous」を押すと、ひとつ前のバージョンへダウングレードされます。

 

バージョンを指定してダウングレード

上記の「Downgrade」を押してバージョンを指定する方法についてです。

Downgradeをタップすると「Known Versions」という画面が表示されます。
ここに目的のバージョンが有る場合は、そのバージョンをタップすると、ダウングレードされます。

※ここのバージョン情報は誰かが入力すると共有され、他の人にも表示されるようになっているようです。

 

目的のバージョンがない場合は、右上の+をタップしてバージョンID(SoftwareVersionExternalIdentifier)を入力してOKを押すと、ダウングレードできます。

 

バージョンIDの調べ方

バージョンID(SoftwareVersionExternalIdentifier)は「iTunesMetadata.plist」に書いてあります。

下記場所をiFileなどで開いて、その中にある「iTunesMetadata.plist」をプロパティリストビューアーで開いてください。

 

/var/mobile/Containers/Bundle/Application/(アプリ名)/iTunesMetadata.plist

 

開きましたら、その中の「softwareVersionExternalIdentifiers Array >」をタップしてください。

 

そこに記述されているのがバージョンIDとなっています。

一番小さい数値が初期のバージョンで、一番大きい数値が最新のバージョンです。 

数値が大きくなっていくに連れ、バージョンが上がっていきます。

 

AppAdminのアップデート通知

AppAdmin自体のアップデートがあると、AppStoreを開いた時に通知が出るようになっています。

下記画像のような通知が出たら、Cydiaを開いてリポジトリを更新後、アップデートしましょう。

 

正式版ではないので、結構頻繁にアップデートきます。

 

ツムツムのバージョンID

ツムツムについては、バージョンIDをまとめておいたので参考にどうぞ。

バージョンID
v1.0.083633455
v1.0.1360792638
v1.0.2416842731
v1.0.5492192641
v1.0.6543732788
v1.0.7572002642
v1.0.8591133307
v1.0.9607983035
v1.0.10643993474
v1.0.11685772668
v1.0.12697082680
v1.13.0717832677
v1.14.1754892771
v1.15.0771622678
v1.16.0810808786
v1.17.1811436797
v1.18.0811586995
v1.19.0811762994
v1.20.0811962442
v1.21.0812208872
v1.22.0812418092
v1.23.0812535617
v1.24.0812778278
v1.25.0813125143
v1.26.0813317903
v1.26.1813563397
v1.27.0813822939
v1.28.0814274554
v1.29.0814979486

 

何かわからないことがあれば、Twitterやコメントにてどうぞ。

 

スポンサーリンク
adsbygoogle (336 x 280)
adsbygoogle (336 x 280)

シェア

フォロー

関連コンテンツユニット