Apple、iOSデバイス用OS「iOS 9」を発表

スポンサーリンク
adsbygoogle (728 x 90)

 本日行われたWWDC 2015にてAppleがiOS 9を発表しました。

 

新機能

Siri

最大40%の高速化。

 

Proactive

ユーザーがアプリや場所、時間に基づいて次に何をしたいのか予想する。

 

イヤホンを挿したら音楽を再生したり、

 

カレンダーの予定に影響が出そうな渋滞などの情報を通知。

 

Apple Pay

イギリスで提供開始。

 

お店のメンバーカードを追加できるようになりました。

 

Passbook の名称が「Wallet」に変更

 

メモアプリ

項目のチェックリストが追加できるようになりました。

 

指でのスケッチにも対応

 

他アプリからのコンテンツの追加

 

マップアプリ

乗り換え機能に対応。バス、電車、地下鉄などの公共交通機関の路線図表示。

 

「ニュース」アプリの追加

 

「ニュース」は一箇所ですべてのお好みの出版社、トピック、およびジャンルを保持します。

 

「ニュース」アプリはiPhone、iPadで利用できます。

 

iPad

iOS 9でQuickTypeキーボードの新機能は、より速く、より簡単に。

 

新しいショートカットバーは、iPhoneやiPad上でさらに簡単に書き込むことができます。

 

外部キーボード使用時、ショートカットを使ってアプリの切り替えなどができます。

 

iOS 9でスイッチャーが再設計されました。

 

スライドオーバーは1つ目のアプリを離れずに、2つ目のアプリを開くことが可能。

 

2つのアプリを同時に開くことができます。

 

動画のウインドウ化に対応。
動画を見ながらメール返信したりできます。

 

機能強化

iOS 9の必須のアプリとマルチタスク機能、検索、性能、バッテリ寿命、およびセキュリティが向上します。

省電力モードの追加

OTA機能を改善し、アップデータ容量を1GBに削減。

 

開発者用

GameplayKit、Model IO、ReplayKitによりゲームをより素晴らしい物にすることができます。

 

HomeKit

HomeKitは新しいアクセサリをサポート

 

CarPlay

ケーブルを使用することなくワイヤレスでの接続に対応。

 

Swift 2

パフォーマンスが高速化、最適化され、新機能の追加も。

 

今年中にオープンソース化されます。

 

リリース日

ベータ版 2015年6月9日
パブリックベータ版 2015年7月
正式版 2015年 秋

 

パブリックベータ版の登録受付は下記からどうぞ。

Apple Beta Software Program

スポンサーリンク
adsbygoogle (336 x 280)
adsbygoogle (336 x 280)

シェア

フォロー

関連コンテンツユニット