iOS 10でのBytaFontによるフォントの変更について

スポンサーリンク
adsbygoogle (728 x 90)

iOS 10でのBytaFontを使ったフォント変更についてです。

 

追記 (2017年2月23日)

BytaFont 3がアップデートされ、iOS 10.2に対応しました。

BytaFont 3がv3.2にアップデート!iOS 10.2に対応

 

対応状況

執筆時点では、iOS 10には正式に対応していません。

動作自体には問題ないようで英語の変更は不可で、日本語のみの変更が可能となっているようです。
なぜ日本語のみなのかは後述します。 

 

iOS 9.3.3、iOS 10.1.1のフォント

日本語フォントは変更なし

日本語のフォントは「HiraginoKakuGothic.ttc」が使われています。

iOS 9.3.3とiOS 10.1.1のHiraginoKakuGothic.ttcを比べてみると、サイズも同じで情報にあるバージョンも両方共「11.0d7e1」となっており、HiraginoKakuGothic.ttcは変更されていないと思われます。

 

英語フォントは変更あり

iOS 9.3.3とiOS 10.1.1の英語のフォントはフォルダ階層、フォントのファイル名が変更されています。

「SFUIDisplay-***.otf」が「SFUIDisplayCondensed-***.otf」に変更となっており、「SFUIText-***.otf」が「SFUITextCondensed-***.otf」に変更となっています。
そして、これらのフォントのディレクトリが「CoreUI」から「CoreAddition」に移動となっています。

SFUITextに関しては、Italicと付くものが削除されています。

また、「SFUIDisplay.ttf」、「SFUIText.ttf」、「SFUITextItalic.ttf」の3つのフォントが「CoreUI」に追加されています。

 

iOS 9.3.3 iOS 10.1.1 ディレクトリ
SFUIDisplay-Black.otf SFUIDisplayCondensed-Black.otf CoreUIからCoreAdditionに移動。
SFUIDisplay-Bold.otf SFUIDisplayCondensed-Bold.otf CoreUIからCoreAdditionに移動。
SFUIDisplay-Heavy.otf SFUIDisplayCondensed-Heavy.otf CoreUIからCoreAdditionに移動。
SFUIDisplay-Light.otf SFUIDisplayCondensed-Light.otf CoreUIからCoreAdditionに移動。
SFUIDisplay-Medium.otf SFUIDisplayCondensed-Medium.otf CoreUIからCoreAdditionに移動。
SFUIDisplay-Regular.otf SFUIDisplayCondensed-Regular.otf CoreUIからCoreAdditionに移動。
SFUIDisplay-Semibold.otf SFUIDisplayCondensed-Semibold.otf CoreUIからCoreAdditionに移動。
SFUIDisplay-Thin.otf SFUIDisplayCondensed-Thin.otf CoreUIからCoreAdditionに移動。
SFUIDisplay-Ultralight.otf SFUIDisplayCondensed-Ultralight.otf CoreUIからCoreAdditionに移動。
SFUIText-Bold.otf SFUITextCondensed-Bold.otf CoreUIからCoreAdditionに移動。
SFUIText-BoldItalic.otf 削除  
SFUIText-Heavy.otf SFUITextCondensed-Heavy.otf CoreUIからCoreAdditionに移動。
SFUIText-HeavyItalic.otf 削除  
SFUIText-Light.otf SFUITextCondensed-Light.otf CoreUIからCoreAdditionに移動。
SFUIText-LightItalic.otf 削除  
SFUIText-Medium.otf SFUITextCondensed-Medium.otf CoreUIからCoreAdditionに移動。
SFUIText-MediumItalic.otf 削除  
SFUIText-Regular.otf SFUITextCondensed-Regular.otf CoreUIからCoreAdditionに移動。
SFUIText-RegularItalic.otf 削除  
SFUIText-Semibold.otf SFUITextCondensed-Semibold.otf CoreUIからCoreAdditionに移動。
SFUIText-SemiboldItalic.otf 削除  
なし SFUIDisplay.ttf CoreUIに追加。
なし SFUIText.ttf CoreUIに追加。
なし SFUITextItalic.ttf CoreUIに追加。

 

ということで、iOS 9とiOS 10で日本語フォントには変更はありませんが、英語フォントに関してはファイル名が変わっていたり、ディレクトリが変わっていたりするため変更できないということになります。

BytaFont自体のiOS 10対応、各フォントのiOS 10対応が必要になってくると思われます。

しかし、iOS 10の脱獄自体がまだまだベータ版のため、時間がかかるのではないかと思います。

スポンサーリンク
adsbygoogle (336 x 280)
adsbygoogle (336 x 280)

シェア

フォロー

関連コンテンツユニット